ポエム63(君の存在)

2019.12.12 Thursday

0

    君の存在が私にとって何なのかそんなことはどうでもいい

    ただ君のあどけない笑顔に私は会いたいんだ

    だから私はどんなことをしても君の存在を守るよ

     

    白澤(代筆:小林一馬)

    コメント
    コメントする